2018/04/03

是非覚えておきたい!FXテクニカルチャート分析のコツ(Lesson7)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
現役プロップファンド運用トレーダーのヤスです。自社資金のFX運用を行う傍ら、FXスクールの「Finest Traders Academy」の講師兼運営を行っています。このサイトでは、私が専門とするのFXの枠を超えて、「投資全般」に関する有意義な情報を提供していきます!私のようなプロのトレーダーを目指す人から、普段は自分のお仕事をしながら、「投資」を楽しんで、資産形成したい投資初心者の方まで幅広く学べるサイトを目指いしています!!

ここでは、テクニカルチャート分析のコツをお伝えします。

前回のレッスンで、FXで勝つ為に使用するテクニカル分析のツールは何でも良いということをお伝えしました。
もう一度、テクニカル分析の基礎を動画で解説し、

ここでは、その一つの「ボリンジャーバンド」について少し詳しく解説します。

 

FXのボリンジャーバンドについての紹介

テクニカルチャート分析のツールの中で、我々のFXスクールでも用いているボリンジャーバンドの基本についてお伝えします。

私たちのFXスクールでは基本的に、
インジケーターを使わなくても勝てるようになることを目指します

しかし、中には全くのFX初心者の方もおられますので、

ある程度の相場の方向感やエントリーポイントを視覚的に見やすくする為に
ボリンジャーバンドを使用されている方もおられます。

ボリンジャーバンドは、
真ん中の線が「移動平均線」、パラメータはMA20~25を比較的良く使います。


そこから位置する上下1本目のバンドを「1σ」「-1σ」、
上下2本の目のバンドを「2σ」「-2σ」のように表示します
(3σも表示できます)。σはシグマと読み標準偏差を表します。

期本的には、レートの動きはこのボリンジャーバンドの-2σ~2σの範囲に収まりやすいとされています。

統計的に、上下の標準偏差、±1σ内に収まる確率は68.3%。

±2σ内に収まる確率は95.5%±3σ内に収まる確率は97.7%

とされています。

この「標準偏差」の特性をトレードに活かそうとすると一般的には「逆張り」のトレード手法として、

+1σ~+3σにタッチしてからの「売り戦略」
-1σ~-3σにタッチしてからの「買い戦略」

が特に短期的なトレードでは使われていたりします。

ただし、ボリンジャーバンドの考案者、ジョン・ボリンジャー氏はこの「逆張り」での使い方ではなく「順張り」での使い方のを提唱しています。

それが、「スクイーズ」「エクスパンション」と「バンドウォーク」を利用したトレードになります。

まずは、ボリンジャーバンドの「スクイーズ」から解説します。

それはこのような状態を示します。
1つの見方の目安として、
・バンド中央の移動平均が横向きである
・-2σ~2σのバンド幅が全体的に細くなっている状態。

を認識します。いわいる方向性のあまりない「レンジ相場」です。

この状態から、
レジスタンスやサポートとなる節目をレートが抜けブレイクしてくるとバンドが広がりだします。

これを「エクスパンション(拡大)」と言います。

この、「エクスパンション(拡大)はレンジ相場から相場に勢いがつきだし、
「トレンドが発生する前兆」を示唆しています

「エクスパンション」が継続して相場に勢いがついてくると、
多くの場合は±2σのバンドに沿ってトレンドが発生します。

これを「ボリンジャーバンドのバンドウォーク」と言います。

このように相場のトレンド方向に「順張り」でボリンジャ-バンドを使うことができます。

究極のテクニカルチャート分析は「価格」に着目すること

さて、今まで、テクニカル分析ツール・インジケーターについての基本を解説してきました。

しかし、FXで勝つ為には、
インジケーターを使ってチャートを見れば勝てるようになるわけではありません。

むしろ、そのようなインジケーターを使っていると、結局は遠回りをしてしまっていることが多々あります。

FX相場で勝つ為に一番重要なことは「価格」に着目すること

です。

テクニカル分析ツールでインジケーターを使用すると、チャート本来の価格を別のものに「変換」してしまいます。
FX初心者のうちはそれが「わかりやすい」と思いがちですが、


それはあくまで、本来の「価格」とは別物です。
なので私たちは、「価格」に着目する為に、
・ロウソク足から水平線やトレンドラインなどを引き、


より「価格」に着目してトレードシナリオを立てトレードしてます(^^)/

まとめ

是非覚えておきたいFXテクニカルチャート分析のコツをお伝えしました。
トレードの基本は「価格」に着目することです。

あまり、テクニカル分析ツールを使いすぎると、
その価格がぼやけてしまいます。

ぜひとも、勝てるトレーダーになるために、
ロウソク足やラインだけでトレードできるスキルを身に付けて下さいね(^^)/

次は、Lesson8として、
「知っておきたいFXの魅力やメリット・デメリット」について解説していきます。

こちらをクリック↓
Lesson8:「知っておきたいFXの魅力やメリット・デメリット」

 

この記事を書いている人 - WRITER -
現役プロップファンド運用トレーダーのヤスです。自社資金のFX運用を行う傍ら、FXスクールの「Finest Traders Academy」の講師兼運営を行っています。このサイトでは、私が専門とするのFXの枠を超えて、「投資全般」に関する有意義な情報を提供していきます!私のようなプロのトレーダーを目指す人から、普段は自分のお仕事をしながら、「投資」を楽しんで、資産形成したい投資初心者の方まで幅広く学べるサイトを目指いしています!!