「私がFXで勝てるようになったきっかけ その2」 ~ここに気づくまで1年かかった~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

それでは、スキャルピングを続けてコツコツドカンをしていた私でしたが、ターニングポイントとなったお話をしたいと思います。

 

トレードスタイルの話です。

ちなみにスキャルピングを完全否定している話ではないです。 今現在の私は、これを使ってもオーバートレードをしないのでプラスで勝ちきることができます。

優位性のある場面のみ使えば有効な方法だと思っていますので誤解のないようにお読みください。

 

あくまで、未熟だったフェーズで私が勝てるようになったきっかけの話です。

 

 1か月間トレードを考える時期があったと前の記事(その1)で書きました。

結論から言うと、デイトレード&スイングトレードへのモデルチェンジです。

 

デイトレードというと短期売買ではないですか?と思う方もいると思います。

確かに短期トレードですが、細かい値幅を何回も回転を効かせて1日数十トレードを行うタイプではなく、1日で1~2回程度の取引を行うトレードです。

私のイメージは以下です。

 

<スキャルピング>

5pips~20pips以下を回転よく獲得する

<デイトレード>

20pips~100pipsくらいの値幅を狙い、1日で完結する

<スイングトレード>

100pips以上の値幅を狙い、数日~数週間、数か月単位でポジションを保有する

 

明確な取り決めはないですが、

私は、ワントレードで50~150pipsくらいを目処にトレードをしていました。

 

それぞれの特徴の説明は割愛しますが、少しゆっくり目のトレードスタイルに変化させました。 

これによって変化した結果は以下です。

 

<スタイル変更後の4つの効果>

リスクリワード(報酬比率)が良くなった

  損する金額より獲得金額が大きくなるため、勝率を追わずとも結果がでる

売買の判断に焦らない(場合によっては、指値注文で対応できる)

    焦ってトレードをすることがないため、冷静な判断と対応が可能になった。

指値注文で対応できるので相場の監視機会が減り、メンタルも安定した

     指値という予約注文で一切感情も入れずにトレードが可能なため、時間的にもメンタル的にも余裕ができた。

資金管理面が安定した

   時間もメンタルにも余裕があるので、予め決めている資金管理シートに沿ってトレードをするので、無茶なロットや損切幅でトレードすることが無くなった。

 

   この他にもスプレット手数料面などの利点はありますが、上記4つが自分のトレードを抜本的に変えた要因です。

 

 以前は、回転効率を上げて収益率を上がりそうなスキャルピングトレードを採用したわけだが、確固たるトレード理論やメンタルが無い者がこれをやってはならないとその時確信しました。 

 

今、FX無料セミナーやFXスクール活動をしていると、大抵の人はスキャルピングをやって失敗していることが非常に多いです。

 

 私は、セミナーに来られた方やスクールのメンバーさんには、プロが行うスキャルピングの話をすると驚いて、もうやる気がなくなったと言います。 

 

スキャルピングで勝つためには、プロはどんな準備や売買判断を行っているかということ。

市場にいるモンスター達と戦うには、相当の戦闘力と事前準備が絶対に必要です。

 

そこら辺の2,3万で買ってきたFX手法やロジックでいきなり勝ちトレーダーになるなんて、絶対に無理です

 

バーチャルのチャート画面には、ユダヤ系ファンドや富豪の獲物を狩る表情は見えませんからね!リアルにいます

でも実際は、一般投資家をカモにすることで利益を上げる構図がちゃんとあります。

その結果も勉強するとローソク足チャートには現れます

 

変な淡い夢を打ち砕くのも私とかかわった方へのミッションだと思っています

 

でも、きちんと勝ちやすいメソッドとメンタル、経験値で相場に向かえば、専業トレーダーとまでは言わなくてもプラス収支でいられることは可能です。

 

FX為替相場に夢は落ちていることは事実です。 

 

ちゃんとした学習をしてほしいと切に願います。

 

トレードで苦しんでいる人に何かの一助にでもなれば嬉しいです。

「私がFXで勝てるようになったきっかけ その1」 ~ここに気づくまで1年かかった~

LINE@ID ⇒@kbk9543y  

Line@ご登録者様に限定のメッセージや動画をお届けいたします。

無料セミナーや面談会の予定も随時送信しております。

私宛に個人的なメッセージも送信可能です。

是非お気軽にご登録ください。↓をクリックでQRコードが出てきます。
友だち追加数

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題をチェック

プロフィール

LINE@

友だち追加数

ツイッター

ページ上部へ戻る