全てに通じる成功の秘訣、私はセルフイメージはこのように高めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みなさんこんにちはヤスです。 今日は、私の成功の秘訣であるセルフイメージ、あるいは成功イメージの高め方について 書きたいと思います。 まずこれはどんなことにも通じると考えております。 私は、FXトレーダーなので今回は専業トレーダーになると決めたときのお話をしたいと 思っています。 2010年、私がFXを始めた年です。 当時貿易の仕事をしていた私は、リーマンショック後右肩下がりの会社を切り盛りしていました。 とてもしんどかったです。割と大きい資金も事業に必要でしたし、競合も多かったため将来に不安を 感じていました。それと同時に新たなビジネスを常に模索していました。 そんな最中私は、色々あってFXに巡り合いました。貿易で為替と関係があったのも一つですが何より 小資金でレバレッジが効くということが最大の魅力でした。 忘れもしません。2010年の5月のゴールデンウイークの少し前でした。 友人知人からは心配され、大丈夫かお前と言われたのも覚えています。 しかし私にはこのFXしか魅力的に見えなかったのです。 それから私の猛勉強がスタートしました。来る日も来る日も本業をしている間もFXのことしか考えていませんでした。 必ずこれで苦境を脱却し、ミリオネアになることしか頭にありませんでした。 誰かと話をしているときも相場のことしか頭になくって、話聞いてる?って何度も言われたことがありました。 まあ今思うとクレージーです。 そんな私が数か月FXに取り組む中で、何かリアリティーのある目標が欲しくなった時がありました。 いつもバーチャルな取引をしていることもあったと思います。そんなとき、ふと香港に行きたいと思いました。 世界、アジアで有数の金融都市である香港に。 その香港のHSBCという世界的にも巨大なインターナショナルバンクの口座開設をして、FXで稼いだお金を 更に海外で運用して成功するというイメージを持ちました。 私は即座に香港までの往復エアーチケットを35000円くらいで予約して2泊3日一人旅をすることにしました。 その時の写真です。待ちゆく人にお願いして撮ってもらいました(^-^) 当時のiphoneで撮ったので画質が低いですが。 IMG_7373 自分でHSBCに行って口座開設をして、その後にこの写真を撮りました。 それはここから俺の成功がスタートするという記念撮影です。 その他Bank Streetというところを歩いたり、ローカル中華食べたり、カフェで色々考え事したりしてゆっくり時を過ごしました。 それまでは目に見えない敵とただただ戦っていた感じがありましたが、この日を境に私は明確なビジョンとあの地で成功したいという「リアルな夢」ができました。 いつも頭から香港の街や夜景のイメージが消えません。 そこに向って努力している確固たる自分がいました。 辛くなったらまたあそこに行こうと思っていました。 実際また半年後に行っています(;^ω^) 時にうまく行かない時私は、くるくる寿司に行ってあえて200円以上の皿を全て取るってなこともしていました(笑) 特別なことをする必要なんてないと思います。 そう、皆さまに一番お伝えしたいことは、今何かに向って頑張っているとしたら、その成功がイメージできる何かをするべき だと思います。 この成功のイメージが植え着くと「モチベーションが消えません」。 強くいる努力など必要ありません。勝手に自分がそこに向って行きます。  もしトレードや他のビジネスで成功を目指している方がいるとしたら、 私の場合は香港であっただけで別に香港まで行かずとも色々なことでリアルを感じることができると思っています。 例えば、稼いだ5万円、10万円を引き出して家族で小旅行をする。 稼いだ3万円で奥さんとフレンチでも食べにいく。 子供に服をプレゼントする。 自分の欲しかったものを買ってみる。 これでも十分にリアルを感じて、お腹いっぱいになります。 そして勝手にもっと次のステージを目指す自分がいるはずです。  私はこれを高校3年生の時からしていて、お受験のときも自分の行きたい大学の校門を見に行っていました。 中に入って構内を歩き、来年自分がここでキャンパスライフを楽しく送っているイメージを作り上げて受験勉強をしていました。 やはり成功にいたるセルフイメージがあると無いとでは全く希望もモチベーションも違ってきます。 是非とも些細なことからそれを実行してみましょう。 きっと明るい未来が待っているはずです。 今日はこの辺りで

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題をチェック

プロフィール

LINE@

友だち追加数

ツイッター

ページ上部へ戻る